« 少年の痴漢認定but不処分 | トップページ | 拘置所での接見交通中の写真撮影による接見の一時停止・終了 »

2016年3月11日 (金)

「事業の目的」

事業は社会の器官(organ)であり、その目的は事業の外(=社会)にある。
事業目的の唯一の有効な定義は「顧客の創造」である。
顧客は、事業の基盤であり、事業を存続させる。
「顧客の創造」が目的であることから、事業体の基本的機能は①マーケティングと②イノベーションの2つである。

ソース:The Daily Drucker 12 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 少年の痴漢認定but不処分 | トップページ | 拘置所での接見交通中の写真撮影による接見の一時停止・終了 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「事業の目的」:

« 少年の痴漢認定but不処分 | トップページ | 拘置所での接見交通中の写真撮影による接見の一時停止・終了 »