« 一部について訴訟上の救助を付与する決定⇒訴えの減縮⇒訴訟提起時の訴額を前提とする収入印紙の納付を命ずる補正命令違反による却下の可否 (否定) | トップページ | 不動産投資取引の購入資金の融資契約の締結において銀行の説明義務違反等(否定) »

2016年3月15日 (火)

「目標と測定をバランスさせる」

事業をマネジメントすることは多様なニーズと目標をバランスさせること。(目先の)利益のみを強調することは、事業の存続を危機に陥らせ得る。

パフォーマンスと結果が事業の存続と繁栄に影響する全ての分野において目標は必要。

目標が必要な8つの分野:
①市場での地位、②イノベーション、③生産性、④物理的・財務的リソース、⑤収益性、⑥マネジャーのパフォーマンスと進化、⑦労働者のパフォーマンスと態度、⑧公的責任。

ソース:The Daily Drucker 16 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 一部について訴訟上の救助を付与する決定⇒訴えの減縮⇒訴訟提起時の訴額を前提とする収入印紙の納付を命ずる補正命令違反による却下の可否 (否定) | トップページ | 不動産投資取引の購入資金の融資契約の締結において銀行の説明義務違反等(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「目標と測定をバランスさせる」:

« 一部について訴訟上の救助を付与する決定⇒訴えの減縮⇒訴訟提起時の訴額を前提とする収入印紙の納付を命ずる補正命令違反による却下の可否 (否定) | トップページ | 不動産投資取引の購入資金の融資契約の締結において銀行の説明義務違反等(否定) »