« テレフォンアポイントの代行を内容とする業務委託契約の債務不履行 | トップページ | 会社のパフォーマンスを定義する »

2016年3月17日 (木)

「道徳と利益」

古典的な経済学者は、利益に存在意義を提供しない。
マルクスによれば、それは資本家に渡される余剰の賄賂であり、不道徳で最小化されるべきもの。

シュンペーターの「創造的破壊」による「イノベーター(革新者)」は「利益」の存在意義を説明する。利益が純粋なコストであり、仕事を維持し新たな仕事を創造する唯一の方法であれば、資本主義は再び道徳的なシステムとなる。そこでの質問は「十分な利益があるか?」であり、将来のコスト、事業にとどまるコスト、「創造的破壊」のコストを賄うのに適切な資本形成があるか?である。

ソース:The Daily Drucker 18 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« テレフォンアポイントの代行を内容とする業務委託契約の債務不履行 | トップページ | 会社のパフォーマンスを定義する »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「道徳と利益」:

« テレフォンアポイントの代行を内容とする業務委託契約の債務不履行 | トップページ | 会社のパフォーマンスを定義する »