« 親権者による児童に対する虐待等を理由として行われた一時保護の継続と損害賠償請求(否定) | トップページ | 金銭消費貸借取引の特定調停手続で成立した調停の公序良俗違反が争われた事例 »

2016年3月29日 (火)

「複雑なシステムの特性」

複雑なシステムは、統計的に重要でない要因によりコントロールされ、予想を許さない。それはアマゾンの熱帯雨林での蝶の羽ばたきが、数週間か数カ月後のシカゴの天気をコントロールする「バタフライ効果」として知られる。「気候」は予想可能で安定的であるが、「天気」は予想不可能で、不安定である。
複雑なシステムの短期の現象については、システムはなく、無秩序があるだけである。

現在の経済と経済政策は、長期は、短期の政策、例えば金利の変化、政府の歳出、税率等により作られるというシステムを想定するが、複雑なシステムにとって、これは正しくない。

ソース:The Daily Drucker 30 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 親権者による児童に対する虐待等を理由として行われた一時保護の継続と損害賠償請求(否定) | トップページ | 金銭消費貸借取引の特定調停手続で成立した調停の公序良俗違反が争われた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「複雑なシステムの特性」:

« 親権者による児童に対する虐待等を理由として行われた一時保護の継続と損害賠償請求(否定) | トップページ | 金銭消費貸借取引の特定調停手続で成立した調停の公序良俗違反が争われた事例 »