« 中学校用歴史教科書の著作権 | トップページ | 社外監査役の任務懈怠(肯定) »

2016年3月 7日 (月)

激動は機会

①(組織が)素早く動けるようにする。正当化できない製品/活動を体系的に捨て、重要な仕事に集中する。

②時間が人の唯一のリソースであるところで、(最も高価なリソースである)時間に取り組む。生産性向上の目標を設定する。

③成長を管理し、成長(健全な成長かどうか)を見分ける。

④人々を開発する。

ソース:The Daily Drucker 8 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 中学校用歴史教科書の著作権 | トップページ | 社外監査役の任務懈怠(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激動は機会:

« 中学校用歴史教科書の著作権 | トップページ | 社外監査役の任務懈怠(肯定) »