« 公立病院の医師の過重労働・パワハラによる自殺と国賠請求(肯定) | トップページ | 親権者による児童に対する虐待等を理由として行われた一時保護の継続と損害賠償請求(否定) »

2016年3月28日 (月)

「なぜマネジメント科学は失敗するのか」

事業会社は「システム」であり、「システム」を特徴づけるのは相互依存である。
特定の機能や部分が進歩し、より効率的になったとしても、全体のシステムは必ずしも向上しない。むしろ、それにより、損傷し破壊されることもある。システムを強化する最善の方法が、部分を弱め、より不正確/非効率にすることである場合もある。
いずれのシステムでも重要なのは全体のパフォーマンスであり、それは単なる技術的な効率性ではなく、成長の結果であり、ダイナミックなバランス、調整及び統合の結果である。

ソース:The Daily Drucker 29 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 公立病院の医師の過重労働・パワハラによる自殺と国賠請求(肯定) | トップページ | 親権者による児童に対する虐待等を理由として行われた一時保護の継続と損害賠償請求(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「なぜマネジメント科学は失敗するのか」:

« 公立病院の医師の過重労働・パワハラによる自殺と国賠請求(肯定) | トップページ | 親権者による児童に対する虐待等を理由として行われた一時保護の継続と損害賠償請求(否定) »