« 拘置所での接見交通中の写真撮影による接見の一時停止・終了 | トップページ | 夫のみに年齢要件を課す遺族補償年金の受給規定と憲法14条(合憲) »

2016年3月12日 (土)

「戦略計画を行動に変える」

最良の計画も、仕事に落とされなければ、良い計画にすぎない。
結果を生み出せる計画かどうかを分けるのは、鍵となる人々のその仕事に取り組むコミットメントである。(明日ではなく)今日、最良の人に取り組ませる。
仕事は、①責任、②期限、③結果の測定(=仕事の結果からのフィードバック)を含む。「何をいかに測定するか」は、何が意味があると考えられているかを決め、それによって、何を見るかだけではなく、何をするかを決める。

ソース:The Daily Drucker 13 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 拘置所での接見交通中の写真撮影による接見の一時停止・終了 | トップページ | 夫のみに年齢要件を課す遺族補償年金の受給規定と憲法14条(合憲) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「戦略計画を行動に変える」:

« 拘置所での接見交通中の写真撮影による接見の一時停止・終了 | トップページ | 夫のみに年齢要件を課す遺族補償年金の受給規定と憲法14条(合憲) »