« 保険約款に定める免責条項である「自殺」の該当性 | トップページ | 「多国籍のマネジメント」 »

2016年3月25日 (金)

「リーガルフィクションから経済の現実へ」

経済的プロセスは提携、合弁及びアウトソーシングに基づく構造に依拠する。所有と支配ではなく、戦略に基づき組み立てられる。これらのパートナーシップ構造においては、企業戦略、製品計画及び製品原価計算を1つの経済全体として組織し、マネジメントすべきである。

ある消費財の世界的製造者は、かつては、より多く社内で製造する方がいいと考えた。今は、品質管理のため、基本的な化合物は社内で作り、最終組立ては顧客がいる180カ国で外注する。全体的な価値連鎖を見、多様な活動をどこに配置するかを決める。

ソース:The Daily Drucker 25 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 保険約款に定める免責条項である「自殺」の該当性 | トップページ | 「多国籍のマネジメント」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「リーガルフィクションから経済の現実へ」:

« 保険約款に定める免責条項である「自殺」の該当性 | トップページ | 「多国籍のマネジメント」 »