« 金銭消費貸借取引の特定調停手続で成立した調停の公序良俗違反が争われた事例 | トップページ | 過払金が発生している継続的金銭消費貸借取引についての裁判外の和解の効力が否定された事例 »

2016年3月30日 (水)

「分析から知覚へ」

数学者や哲学者の世界では、知覚は「直観」であり、見せかけにすぎない。生態学においては、(分析より)「知覚」が重要であり、全体が観察され、理解されなくてはならない。

(ドラッカーが扱う)新たな多元論の動的な不均衡、多国籍で国境を超えた経済と生態学、必要とされる新たな原型の「教育された人々」等、新たな現実は「形態」であり、分析と同様知覚を必要とする。

ソース:The Daily Drucker 31 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 金銭消費貸借取引の特定調停手続で成立した調停の公序良俗違反が争われた事例 | トップページ | 過払金が発生している継続的金銭消費貸借取引についての裁判外の和解の効力が否定された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「分析から知覚へ」:

« 金銭消費貸借取引の特定調停手続で成立した調停の公序良俗違反が争われた事例 | トップページ | 過払金が発生している継続的金銭消費貸借取引についての裁判外の和解の効力が否定された事例 »