« 自動車が吹雪による雪だまりに埋まって死亡⇒国賠請求(否定) | トップページ | 一部について訴訟上の救助を付与する決定⇒訴えの減縮⇒訴訟提起時の訴額を前提とする収入印紙の納付を命ずる補正命令違反による却下の可否 (否定) »

2016年3月14日 (月)

「短期と長期をマネジメントする」

短期の最適化が長期の未来を創造するということは誤り。
短期の結果を生み出さなくてはならない。しかし、短期の結果と長期的成長が衝突する場合、短期の結果を選ぶか、長期の成長を選ぶかは、価値の問題。

ソース:The Daily Drucker 15 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 自動車が吹雪による雪だまりに埋まって死亡⇒国賠請求(否定) | トップページ | 一部について訴訟上の救助を付与する決定⇒訴えの減縮⇒訴訟提起時の訴額を前提とする収入印紙の納付を命ずる補正命令違反による却下の可否 (否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「短期と長期をマネジメントする」:

« 自動車が吹雪による雪だまりに埋まって死亡⇒国賠請求(否定) | トップページ | 一部について訴訟上の救助を付与する決定⇒訴えの減縮⇒訴訟提起時の訴額を前提とする収入印紙の納付を命ずる補正命令違反による却下の可否 (否定) »