« 「リーガルフィクションから経済の現実へ」 | トップページ | 白昼の繁華街で通行人2名が無差別に包丁で殺害された事案⇒死刑判決 »

2016年3月25日 (金)

「多国籍のマネジメント」

1913年の多国籍企業は子会社が海外にある国内の会社であったが、2025年の多国籍企業は(所有ではなく)戦略によりコントロールされ、提携、合弁、少数利害関係、ノウハウ契約等で結びつく。

この種類の組織は、(よくある)経常的なマネジメントの延長ではない、明確に区別された機関としてのマネジメントを必要とする。

ソース:The Daily Drucker 26 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「リーガルフィクションから経済の現実へ」 | トップページ | 白昼の繁華街で通行人2名が無差別に包丁で殺害された事案⇒死刑判決 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「多国籍のマネジメント」:

« 「リーガルフィクションから経済の現実へ」 | トップページ | 白昼の繁華街で通行人2名が無差別に包丁で殺害された事案⇒死刑判決 »