« 組織的な犯罪の処罰及び販売収益の規則等に関する法律3条1項9号の「詐欺罪に当たる行為を実行するための組織」 | トップページ | 米国デラウェア州の法律に基づいて設立されたLPSの所得税法2条1項7号及び法人税法2条4号に定める外国法人該当性(肯定) »

2016年3月 1日 (火)

「イノベーションのテスト」(毎日ドラッカー、3月2日)

●それらが市場と顧客に貢献することによって、イノベーションを測る。

イノベーションのテストはそれが価値を創造するかどうかである。イノベーションは顧客にとっての新たな価値と新たな満足の創造を意味する。新奇さは面白さを創り出すにすぎない。しかし、マネジメントは、同じことを行い、同じ製品を作ることに飽きるため、何度も、革新を決定する。イノベーションのテストは「品質」のテストと同様、「我々はそれが好きか?」ではない。それは「顧客はそれを欲し、そのために支払うか?」である。

組織は、科学的あるいは技術的重要性ではなく、市場と顧客に貢献するものによって、イノベーションを測る。彼らは、社会的なイノベーションは、技術的イノベーションと同じく重要であると考える。割賦販売はこの世紀での偉大な科学的進歩のほとんどのものよりも、経済と市場に大きなインパクトを与えた。

アクションポイント:あなたの組織における価値を創造するイノベーションに対して新奇さのイノベーションを確認する。あなたは同じことをすることに飽きたから新奇なものを進めたのか?そうであれば、次の新たな製品やサービスが顧客のニーズに合致するようにする。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 組織的な犯罪の処罰及び販売収益の規則等に関する法律3条1項9号の「詐欺罪に当たる行為を実行するための組織」 | トップページ | 米国デラウェア州の法律に基づいて設立されたLPSの所得税法2条1項7号及び法人税法2条4号に定める外国法人該当性(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「イノベーションのテスト」(毎日ドラッカー、3月2日):

« 組織的な犯罪の処罰及び販売収益の規則等に関する法律3条1項9号の「詐欺罪に当たる行為を実行するための組織」 | トップページ | 米国デラウェア州の法律に基づいて設立されたLPSの所得税法2条1項7号及び法人税法2条4号に定める外国法人該当性(肯定) »