« ネット詐欺と、決済に利用された電子マネー発行会社の責任(否定) | トップページ | 「イーコマースの顕著な強み」 »

2016年3月21日 (月)

「インターネット技術と教育」

情報技術は教育においても、大きなインパクトを与えるが、通常の大学のコースをインターネットにのせようとするのは誤りである。「媒体」は伝達される方法だけでなく、伝達されるものも左右し、ウェブで行うには、全てをデザインし直さなくてはならない。

①生徒の注意を保たないといけない。良い教師はクラスの反応を得るシステムを持つが、オンラインではそれがない。
②大学のコースでできる「議論・意見交換」をできるようにする必要。
③書籍の質とコースの連続性/流れを結びつけなくてはならない。それを文脈に置かなくてはならない。背景、文脈、レフェレンスを提供しなくてはならない。

ソース:The Daily Drucker 22 March.

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« ネット詐欺と、決済に利用された電子マネー発行会社の責任(否定) | トップページ | 「イーコマースの顕著な強み」 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「インターネット技術と教育」:

« ネット詐欺と、決済に利用された電子マネー発行会社の責任(否定) | トップページ | 「イーコマースの顕著な強み」 »