« 「利益の調和の必要」(毎日ドラッカー、2月16日) | トップページ | 「政府の再発明」(毎日ドラッカー、2月18日) »

2016年2月16日 (火)

「社会のための社会的目的」 (毎日ドラッカー、2月17日)

●産業社会のための基本的な社会的目的の欠如は我々の問題の中核を構成する。

我々は、既に、経済発展は常にそして必然的に最高の目標であるという信念を捨てた。そして、我々は経済的達成を最高の価値があるものとすることをやめ、多くの目標の1つであり、経済活動を社会生活の基礎とみるようになった。社会的に建設的分野における経済の放棄はさらに先に行く。西洋社会は人は基本的に経済的動物であり、その動機付けは経済的動機づけであり、その達成は経済的成功と経済的報酬にあるという信念を捨てた。

我々は人の性質と社会の目標と達成についての新たな概念に基づく自由で機能する社会を創り出さなくてはならない。社会生活の基本的な倫理的概念が発展されなくてはならない。それは、哲学的あるいは形而上学的な分野にある。

アクションポイント:次の四半期の財務結果と株主価値の最大化を超える組織的目的を定義する。従業員が信じ、挑戦して最高の仕事で貢献することができる目的を定義する。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「利益の調和の必要」(毎日ドラッカー、2月16日) | トップページ | 「政府の再発明」(毎日ドラッカー、2月18日) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「社会のための社会的目的」 (毎日ドラッカー、2月17日):

« 「利益の調和の必要」(毎日ドラッカー、2月16日) | トップページ | 「政府の再発明」(毎日ドラッカー、2月18日) »