« 被告人が他国の競業他社に流出させた営業秘密情報について、被告人を懲役5年及び罰金300万円に処した事例 | トップページ | 拘置所内での接見交通の際の写真撮影と接見交通権 »

2016年2月 8日 (月)

「組織はコミュニティを動揺させる」(毎日ドラッカー、2月9日)

●その文化において、組織は常にコミュニティを越える。 

現在の組織はコミュニティにおいて稼働しなくてはならない。その結果はコミュニティにある。しかし、組織はコミュニティに沈みあるいはコミュニティに服することはできない。その「文化」はコミュニティを越えなくてはならない。コミュニティが雇用を依拠する会社が、工場を閉鎖し、あるいは何年もかけて技能を学んだ白髪まじりの模型制作者をコンピューターシミュレーションを知る25歳の「神童」に変える。その変化の全てはコミュニティをひっくり返す。その全ては「アンフェア」ととられ、動揺させる。

組織の文化を決めるのは、仕事が行われるコミュニティではなく、仕事の性質である。組織の価値システムはその仕事により決定される。全ての病院、全ての学校、全ての事業はそれが行っていることは、つまるところ、コミュニティの他の全てが依拠する重要な貢献であると信じなくてはならない。その仕事を上手く行うために、組織されマネジメントされる。組織の文化がコミュニティの価値と衝突すれば、組織の文化が勝つ。そうでなければ、組織は社会的貢献をすることができない。

アクションポイント:ウォルマートが近隣の希望に反し、あなたの近隣に進出することを望めば、ウォルマートはどのような行動をとるべきか?いかなる場合に、その進出を取りやめることが賢明か?

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 被告人が他国の競業他社に流出させた営業秘密情報について、被告人を懲役5年及び罰金300万円に処した事例 | トップページ | 拘置所内での接見交通の際の写真撮影と接見交通権 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「組織はコミュニティを動揺させる」(毎日ドラッカー、2月9日):

« 被告人が他国の競業他社に流出させた営業秘密情報について、被告人を懲役5年及び罰金300万円に処した事例 | トップページ | 拘置所内での接見交通の際の写真撮影と接見交通権 »