« 「現代の組織は動揺体(Destabilizer)でなくてはならない」(毎日ドラッカー、2月10日) | トップページ | 「傍観者の役割」 (毎日ドラッカー、2月12日) »

2016年2月10日 (水)

「マネジメントにおける人的要素」(毎日ドラッカー、2月11日)

●マネジメントは人についてのものである。

マネジメントの役割は、人々による共同のパフォーマンスができるようにし、その強みを有効にし、その弱みを無関係にすることである。これは組織に関する全てであり、マネジメントが重要で決定的な要因である理由である。

マネジメントはコミュニケーションと個人の責任に依拠して作られなくてはならない。全てのメンバーは彼らが達成しようとするものを考え、仲間がその目標を知り理解するようする必要がある。全員は、彼らが他人に責任を負うものを考え、その他人がそれを理解するようにしなくてはならない。全員は、他人から必要とするものを考え、彼らが自分達が期待されていることを知るようにしなくてはならない。
マネジメントは、企業とそのメンバーのそれぞれが、ニーズと機会が変わるのに応じて、成長し進化できるようにしなくてはならない。

アクションポイント:あなたはひどい劇の偉大な役者か?あなたはそれについて何をしようとするか?

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「現代の組織は動揺体(Destabilizer)でなくてはならない」(毎日ドラッカー、2月10日) | トップページ | 「傍観者の役割」 (毎日ドラッカー、2月12日) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジメントにおける人的要素」(毎日ドラッカー、2月11日):

« 「現代の組織は動揺体(Destabilizer)でなくてはならない」(毎日ドラッカー、2月10日) | トップページ | 「傍観者の役割」 (毎日ドラッカー、2月12日) »