« 雑誌の付録の瑕疵⇒制作業者の瑕疵担保責任(肯定) | トップページ | 鉄道軌道敷敷地内への土砂が流入・倒木と損害賠償責任(肯定) »

2016年2月 5日 (金)

「国境を超える会社」(毎日ドラッカー、2月6日)

●成功する国境を超える会社は自らを、切り離された、無国籍のものと見る。

今日国際事業を行うほとんどの会社はなお、伝統的な多国籍のものとして組織される。しかし、国境を超える会社への転換は始まり、それは素早く動いている。製品とサービスは同じであるかもしれないが、構造は基本的に異なる。国境を超える会社においては、世界という1つの経済的ユニットがあるだけである。販売、サービス、広報、法律問題はローカルである。しかし、部品、機械、プランニング、リサーチ、ファイナンス、マーケティング、価格設定及びマネジメントは世界市場を考慮して行われる。例えば、米国のある主導的なエンジニアリング会社は、世界中の43工場全てにとって重要な1つの部品を、ベルギーのアントワープの外側の1工場で製造している。世界全体のための製品開発を3箇所で、品質管理を4箇所で行っている。この会社にとって、国境は意味のないものとなった。

国境を超える会社は国の政府の支配が及ばないわけではない。それは適応しなければならない。しかし、これらの適応は、世界市場と技術のための方針と実行にとって例外である。成功する国境を超える会社は自らを、切り離された、無国籍のものと見る。この自己認識は数十年前には考えられなかったもの・・国境を超えるトップマネジメント・・によって明らかにされる。

アクションポイント: 米国で購入したコンピューターやプリンターの海外の技術サポートセンターに、その機器の操作を質問する。ローカルのケーブル会社と比べサポートの質はどうか?

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 雑誌の付録の瑕疵⇒制作業者の瑕疵担保責任(肯定) | トップページ | 鉄道軌道敷敷地内への土砂が流入・倒木と損害賠償責任(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「国境を超える会社」(毎日ドラッカー、2月6日):

« 雑誌の付録の瑕疵⇒制作業者の瑕疵担保責任(肯定) | トップページ | 鉄道軌道敷敷地内への土砂が流入・倒木と損害賠償責任(肯定) »