« 「傍観者の役割」 (毎日ドラッカー、2月12日) | トップページ | 自衛隊機等の差止請求(厚木基地航空機運行差止訴訟控訴審判決) »

2016年2月12日 (金)

「自由の本質」(毎日ドラッカー、2月13日)

●自由は解放ではなく、常に責任である。

自由は楽しいものではない。それは個人の幸せと同じではなく、安全や平和や前進でもない。それは責任を負うべき選択である。自由は権利というより義務である。真の自由は何かからの自由ではなく、免許(license)である。何かをするかしないか、ある方法でするか別の方法でするか、ある信念を持つか反対の信念を持つかを選択する自由である。それは「楽しみ」ではなく、社会の行動と同じく彼の個人的行動を決定し、双方の決定に責任を持つ、人の最も重い重荷である。

アクションポイント:あなたの仕事の目標を挙げる。個人的達成のための必要を満たすとともに、上司のパフォーマンス目標達成の助けとなる、目標を考える。その目標を上司に売込み、進展を(上司に)知らせる。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「傍観者の役割」 (毎日ドラッカー、2月12日) | トップページ | 自衛隊機等の差止請求(厚木基地航空機運行差止訴訟控訴審判決) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自由の本質」(毎日ドラッカー、2月13日):

« 「傍観者の役割」 (毎日ドラッカー、2月12日) | トップページ | 自衛隊機等の差止請求(厚木基地航空機運行差止訴訟控訴審判決) »