« 「事業目的とミッションの定義」(毎日ドラッカー、2月27日) | トップページ | システム開発を目的とする契約と債務不履行責任(否定) »

2016年2月27日 (土)

「事業の目的とミッションを定義する:顧客」 (毎日ドラッカー、2月28日)

●誰が顧客か?

「誰が顧客か?」は事業目的と事業のミッションの定義において最初の重要な質問である。それは簡単ではなく、まして明らかな質問ではない。それにいかに答えられるかは、大きな基準において、いかに事業が自身を定義するかを決定する。製品とサービスの最終使用者である顧客は常に(1つの)顧客である。
ほとんどの事業は、少なくとも2つの顧客を持つ。販売があれば双方は買わなくてはならない。ブランドのある消費者製品の製造者は常に、2つの顧客を持つ。主婦と雑貨商である。雑貨商がそのブランドの在庫を持たなければ、主婦に買いに走らせるのは良いことではない。逆に、主婦が買わなければ、雑貨商に商品を展示させ棚のスペースを割り当てさせるのは良くない。他を満足させなければ、これらの顧客の一方だけを満足させてもパフォーマンスはない。、

アクションポイント:あなたが責任を負う1つの製品かサービスを取り上げ、そのためにどれだけの顧客がいるかを決定する。異なる種類の全ての顧客を満足させているか、あるカテゴリーの顧客を無視しているかを見つけ出す。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「事業目的とミッションの定義」(毎日ドラッカー、2月27日) | トップページ | システム開発を目的とする契約と債務不履行責任(否定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「事業の目的とミッションを定義する:顧客」 (毎日ドラッカー、2月28日):

« 「事業目的とミッションの定義」(毎日ドラッカー、2月27日) | トップページ | システム開発を目的とする契約と債務不履行責任(否定) »