« 窃盗、道路交通法違反、ぐ犯保護事件により少年を中等少年院に送致する旨の決定の対し、事実誤認及び処分不当を理由に抗告申立て⇒抗告を棄却した上で、一般短期処遇相当の処遇意見を付した事例 | トップページ | 民事訴訟における当事者の陳述書及び弁護士の準備書面の記載と名誉毀損による共同不法行為の成立(肯定) »

2016年1月28日 (木)

「パフォーマンス:マネジメントのテスト」 (毎日ドラッカー、1月29日)

●知識でなく達成がマネジメントの証明と目的である。

マネジメントの究極のテストはパフォーマンスである。マネジメントは、言い換えれば、科学や専門性(双方の要素を含むが)ではなく実践である。例えば、マネジャーに免許を与えることにより、あるいは、マネジメントを特別の学位を持つ者に限定することによってマネジメントを専門化する試みほど、我々の経済や社会に損害を与えるものはない。反対に、良いマネジメントのテストは結果をだすパフォーマーに仕事をさせているかどうかである。そして、マネジメントを「科学的」あるいは「専門的職業(profession)」とする真剣な試みは、「困った事情」、つまり、リスク、上昇、下降、無駄な競争、消費者の「不合理な選択」といった事業における予測不能性を除去する試みへと向かい、その過程において、経済の自由と成長能力を無くす。

アクションポイント:あなたのマネジメント実践のどれが良い結果を生み出したか?どの実践を今捨てるべきか?

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 窃盗、道路交通法違反、ぐ犯保護事件により少年を中等少年院に送致する旨の決定の対し、事実誤認及び処分不当を理由に抗告申立て⇒抗告を棄却した上で、一般短期処遇相当の処遇意見を付した事例 | トップページ | 民事訴訟における当事者の陳述書及び弁護士の準備書面の記載と名誉毀損による共同不法行為の成立(肯定) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「パフォーマンス:マネジメントのテスト」 (毎日ドラッカー、1月29日):

« 窃盗、道路交通法違反、ぐ犯保護事件により少年を中等少年院に送致する旨の決定の対し、事実誤認及び処分不当を理由に抗告申立て⇒抗告を棄却した上で、一般短期処遇相当の処遇意見を付した事例 | トップページ | 民事訴訟における当事者の陳述書及び弁護士の準備書面の記載と名誉毀損による共同不法行為の成立(肯定) »