« 債務者による重要な動産の売買について、目的や動機が正当であり、手段や方法も相当であるとして、詐害行為の成立が否定された事例 | トップページ | 保証人が提起した保証債務不存在確認の一審判決後に主債務者が債務を全額弁済した場合、当該訴えの確認の利益はないとして訴え却下の判決がされた事例 »

2016年1月 2日 (土)

「マネジメントは不可欠である」(毎日ドラッカー、1月3日)

●それまで1葉しか育たなかった場所で2葉を育てる人は、思索的な哲学者や形而上的体系家よりも価値がある。

マネジメントは西洋文明が続く限り、基本的で支配的な機関であり続ける。マネジメントは産業システムがその生産リソース(人と資源の双方)を委ねる、近代の産業システムの特性と事業会社のニーズに根差しているだけではない。マネジメントはまた、近代西欧社会の基本的信念を表す。それは経済的リソースの体系的組織を通じて人の生計をコントロールできるという信念を表す。それは、経済変化が人類の向上と社会正義への最も強力なエンジンとなり得るという信念、そして、ジョナサン・スウィフトが300年前に誇張して言ったように、それまで1葉しか育たなかった場所で2葉を育てる人は、思索的な哲学者や形而上的体系家よりも価値があるという信念を表す。

リソースを生産的にすべき社会の機関であり、組織化された経済発展に責任があるマネジメントは、それゆえ、近代の基本的精神を反映する。それは、不可欠であり、一旦作られれば、素早く成長し、抵抗が少ない理由である。

アクションポイント:マネジメント、その能力・誠実・パフォーマンスが、自由世界にとって決定的な理由の例をいくつか考える。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 債務者による重要な動産の売買について、目的や動機が正当であり、手段や方法も相当であるとして、詐害行為の成立が否定された事例 | トップページ | 保証人が提起した保証債務不存在確認の一審判決後に主債務者が債務を全額弁済した場合、当該訴えの確認の利益はないとして訴え却下の判決がされた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジメントは不可欠である」(毎日ドラッカー、1月3日):

« 債務者による重要な動産の売買について、目的や動機が正当であり、手段や方法も相当であるとして、詐害行為の成立が否定された事例 | トップページ | 保証人が提起した保証債務不存在確認の一審判決後に主債務者が債務を全額弁済した場合、当該訴えの確認の利益はないとして訴え却下の判決がされた事例 »