« 需要曲線・供給曲線のシフト(クルーグマン・マクロ経済学) | トップページ | 「マネジメントとリベラルアーツ」(毎日ドラッカー、1月13日) »

2016年1月11日 (月)

供給・需要・均衡(クルーグマン・マクロ経済学)

■供給・需要・均衡
供給と需要のモデルは、市場の価格が均衡価格、あるいは市場清算価格、すなわち需要量が供給量に等しくなる価格に向かって動くという原理に基づく。
この時の需給量は均衡数量と呼ばれる。

価格が市場清算水準よりも上⇒供給過剰⇒価格を押し下げる。
価格が市場清算水準よりも下⇒供給不足⇒価格を押し上げる。

■需要と供給の変化
需要の増加⇒均衡価格と均衡数量を上昇させる。
(需要の減少は逆)
供給の増加⇒均衡価格を引き下げ、均衡数量を増やす。
(供給の減少は逆)
 
両曲線が反対方向にシフト⇒価格の変化は予測できるが、数量の変化は予測できない。
両曲線が同方向にシフト⇒数量の変化は予測できるが、価格の変化は予測できない。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 需要曲線・供給曲線のシフト(クルーグマン・マクロ経済学) | トップページ | 「マネジメントとリベラルアーツ」(毎日ドラッカー、1月13日) »

経済」カテゴリの記事

クルーグマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 供給・需要・均衡(クルーグマン・マクロ経済学):

« 需要曲線・供給曲線のシフト(クルーグマン・マクロ経済学) | トップページ | 「マネジメントとリベラルアーツ」(毎日ドラッカー、1月13日) »