« 商標の類否判断につき、非類似の主張が訴訟上の信義則に反し、許されないものとされた事例等 | トップページ | 四半期報告書に虚偽記載がされている上場株式を取引所市場で取得した投資者の請求につき、当該虚偽記載と相当因果関係のある損害として、金融商品取引法21条の2第2項の規定により損害額を算定した事例 »

2016年1月26日 (火)

「マネジメントの規律」(毎日ドラッカー、1月27日)

●理解しないため繰り返すことができなければ、まだ発明(発見)されていない。それはなされただけである。

私が50年前に「マネジメントの実践」を出版した時、その本は、人々がいかにマネジメントをするかを学ぶことを可能にし、マネジメントはその時まで、少数の天才のみが行うことができ、誰も繰り返すことができなかった。

私がマネジメントと出会ったとき、その多くはエンジニアリングの分野からのものであった。そして多くは会計からのものであった。いくつかは心理学からのものであった。そしてより多くは労働関係からのものであった。それらの各分野は別のものだと考えられ、各々は、それ自体、有効なものではなかった。のこぎりや金づちしか持たず、ペンチを聞いたことがなければ、大工仕事ができない。発明(発見)するのは、それらの道具全部を1つの道具箱に入れた時である。それが「マネジメントの実践」の多くの部分で行ったことである。私はマネジメントに規律を与えた。

アクションポイント:あなたのマネジメントの実践は場当たりか体系的か。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 商標の類否判断につき、非類似の主張が訴訟上の信義則に反し、許されないものとされた事例等 | トップページ | 四半期報告書に虚偽記載がされている上場株式を取引所市場で取得した投資者の請求につき、当該虚偽記載と相当因果関係のある損害として、金融商品取引法21条の2第2項の規定により損害額を算定した事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジメントの規律」(毎日ドラッカー、1月27日):

« 商標の類否判断につき、非類似の主張が訴訟上の信義則に反し、許されないものとされた事例等 | トップページ | 四半期報告書に虚偽記載がされている上場株式を取引所市場で取得した投資者の請求につき、当該虚偽記載と相当因果関係のある損害として、金融商品取引法21条の2第2項の規定により損害額を算定した事例 »