« 弁護士が事務員を解雇した際における侮辱的発言に係る不法行為が認められた事例 | トップページ | 元プロ野球選手に関する週刊誌の記事について名誉毀損、プライバシー権侵害の不法行為の成立が認められた事例 »

2016年1月13日 (水)

「経営的態度」(毎日ドラッカー、1月14日)

●最も低い労働者においても「経営的態度」を求めることはイノベーションである。

産業の生産的リソースで人的リソースほど低い効率で稼働するものはない。人の能力と行動の未使用の貯蔵の栓を抜くことができた少数の企業は生産性とアウトプットのめざましい増大を達成した。ほとんどの会社で、人的リソースのよりよい使用において、生産性増大の大きな機会がある。そして、これまで関心が向けられてきた物や技術のマネジメントではなく、人のマネジメントが、オペレーティングマネージメントの第1の最重要の関心事であるべきである。

我々はまた、(生産の)人的資源の効率性と生産性に何が役立つかを知る。それは第1に「スキルか支払」ではない。最も重要なのは、我々が「経営的態度」と呼ぶ態度であある。これは、個人がその仕事、作業、製品を、経営者が見るように見る、つまり、グループや製品全体との関係で見る態度である。

アクションポイント:経営的責任感をあなたの職場に伝えるために何ができるか?

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 弁護士が事務員を解雇した際における侮辱的発言に係る不法行為が認められた事例 | トップページ | 元プロ野球選手に関する週刊誌の記事について名誉毀損、プライバシー権侵害の不法行為の成立が認められた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「経営的態度」(毎日ドラッカー、1月14日):

« 弁護士が事務員を解雇した際における侮辱的発言に係る不法行為が認められた事例 | トップページ | 元プロ野球選手に関する週刊誌の記事について名誉毀損、プライバシー権侵害の不法行為の成立が認められた事例 »