« 任意保険について、被害者が加害者(被保険者)に対する損害賠償請求権を行使しないことを一方的かつ抽象的に宣言することによって、直ちに、保険者に損害賠償額の支払を求めることを許容するものではない。 | トップページ | 「現実に向かう」(毎日ドラッカー、2月2日) »

2016年1月31日 (日)

「境界を越える」(毎日ドラッカー、2月1日)

●境界を越えて新たな現実に入る

100年ごとに鮮明な変化が起きる。我々は「境界」を越える。数世紀内に、社会は自身(世界観、基本的価値、社会的/政治的構造、技術、鍵となる組織)を再整理する。50年後、新たな世界がある。変化の後に生まれた人々は、その祖父母が生き、両親が生まれた世界を想像することもできない。

しかし、今日の基本的変化、30年前に明らかになった新たな現実は、始まりにすぎず、本当のインパクトはこれからである。 それらは事業(大小を問わない)の世界的再編、合併、企業の一部(子会社)売却、提携の基礎となる。世界的な労働力再編・・米国ではほとんど完了したが、日本とヨーロッパでは初期のステージである・・の基礎となる。教育(特に高度教育)における基本的イノベーションの必要の基礎となる。これらの現実は政治家、経済専門家、学者、事業家そして組合のリーダーが、今日関心を向け、本を書き、語る問題とは異なる。

アクションポイント:同僚が明らかに過去のニュースである何かについてテーブルを叩く時、目を覚ますよう伝える。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 任意保険について、被害者が加害者(被保険者)に対する損害賠償請求権を行使しないことを一方的かつ抽象的に宣言することによって、直ちに、保険者に損害賠償額の支払を求めることを許容するものではない。 | トップページ | 「現実に向かう」(毎日ドラッカー、2月2日) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「境界を越える」(毎日ドラッカー、2月1日):

« 任意保険について、被害者が加害者(被保険者)に対する損害賠償請求権を行使しないことを一方的かつ抽象的に宣言することによって、直ちに、保険者に損害賠償額の支払を求めることを許容するものではない。 | トップページ | 「現実に向かう」(毎日ドラッカー、2月2日) »