« 破産会社のメインバンクの弁済について、故意否認が認められた事例 | トップページ | 株式譲渡を内容とする事業譲渡契約における表明保証条項について、譲渡人の同条項違反が肯定され、同条項に基づく補償額が算定された事例 »

2016年1月23日 (土)

「フィードバック:継続学習の鍵」(毎日ドラッカー、1月24日)

●人の強みを知り、それらを向上させる方法を知り、人ができないことを知ることは、継続学習の鍵である。

イエズス会の聖職者かカルヴァン主義の牧師が重要なことをする場合(例えば、重要な決定をする場合)はいつでも、期待する結果を書き留めることを求められる。9か月後に、彼は実際の結果からこれらの期待にフィードバックする。これは、彼が何をうまく行い、彼の強みは何かを示す。それはまた、彼が何を学ばなくてはならず、いかなる習慣を変えなくてはならないかを示す。最後に、それは、彼が何を授かっておらず、うまくできないかを示す。私自身、50年にわたり、この方法を実践してきた。それは、人の強みが何かを明らかにし、これは人が自分について知ることができる最も重要なことである。それは、どこで、どのような種類の向上が必要かを示す。最後に、それは人が何ができずに、試みるべきですらないことを示す。人の強みを知り、それらを向上させる方法を知り、人ができないことを知ることは、継続学習の鍵である。

アクションポイント:自分の強みとそれを向上させる手順を列挙する。あなたが自分の強みを知ることができることを誰が知るか?

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 破産会社のメインバンクの弁済について、故意否認が認められた事例 | トップページ | 株式譲渡を内容とする事業譲渡契約における表明保証条項について、譲渡人の同条項違反が肯定され、同条項に基づく補償額が算定された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「フィードバック:継続学習の鍵」(毎日ドラッカー、1月24日):

« 破産会社のメインバンクの弁済について、故意否認が認められた事例 | トップページ | 株式譲渡を内容とする事業譲渡契約における表明保証条項について、譲渡人の同条項違反が肯定され、同条項に基づく補償額が算定された事例 »