« 供給・需要・均衡(クルーグマン・マクロ経済学) | トップページ | 投資経験のない個人の短期間多数回にわたる商品先物取引について、事業者の断定的判断の提供、説明義務違反、新規委託者保護義務違反等が否定された事例 »

2016年1月12日 (火)

「マネジメントとリベラルアーツ」(毎日ドラッカー、1月13日)

●マネジメントはリベラルアートである。

マネジメントは、伝統的に呼ばれていたリベラルアートである。それは知識の基礎、自己認識、知恵及びリーダーシップを扱うため「リベラル」であり、実践と適用を扱うため「アート」である。マネジャーは知識と人の洞察と社会科学の全てを利用し、それらは、心理学と哲学、経済学と歴史、自然科学と倫理学についてのものを含む。しかし、彼らは、この知識を、有効性と結果・・病気の患者の治療、生徒への教授、橋の建設、「ユーザーフレンドリーな」ソフトウェアプログラムのデザインと販売・・に集中させなくてはならない。

アクションポイント:人間性と社会科学において自分自身を開発するあなたの計画は何か?今日その計画を立てる。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 供給・需要・均衡(クルーグマン・マクロ経済学) | トップページ | 投資経験のない個人の短期間多数回にわたる商品先物取引について、事業者の断定的判断の提供、説明義務違反、新規委託者保護義務違反等が否定された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジメントとリベラルアーツ」(毎日ドラッカー、1月13日):

« 供給・需要・均衡(クルーグマン・マクロ経済学) | トップページ | 投資経験のない個人の短期間多数回にわたる商品先物取引について、事業者の断定的判断の提供、説明義務違反、新規委託者保護義務違反等が否定された事例 »