« 四半期報告書に虚偽記載がされている上場株式を取引所市場で取得した投資者の請求につき、当該虚偽記載と相当因果関係のある損害として、金融商品取引法21条の2第2項の規定により損害額を算定した事例 | トップページ | 刑訴法278条の2第3項に規定する過料の制裁と憲法31条、37条3項(違反せず) »

2016年1月27日 (水)

「ミスマネジメントについての管理された実験」 (毎日ドラッカー、1月28日)

●ヘンリーフォードの物語、彼の上昇と衰退、そして彼の会社の復活のストーリーは、ミスマネジメントについての管理された実験と呼べるものである。、

ヘンリーフォードの物語、彼の上昇と衰退、そして彼の孫である、ヘンリーフォード2世の下での彼の会社の復活は、何度も語られてきた。しかし、この劇的な物語が個人の成功と失敗の物語をはるかに超えるものであることは一般に認識されていない。それは、とりわけ、ミスマネジメントについての管理された実験と呼べるものである。

最初に、フォードは、事業にマネジャーもマネジメントも必要ないという、その信念のために失敗した。彼は、必要なのは、所有者である企業家とその「補助者(helpers)」であると信じた。フォードと海外や米国における同世代の事業者との唯一の違いは、他の全てにおいて彼が行ったのと同様、ヘンリーフォードは妥協することなくその信念に固執したことである。彼が信念を適用する方法は、例えば、どれだけ優秀であろうと、「マネジャー」として行動し、判断し、フォードの命令なしに行動した「補助者」を解雇したり働けなくするものであり、その仮説のテストとして評価でき、その完全な反証に終わった。実際、フォードの物語をユニークな(そして重要な)ものにしているのは、彼が長生きし、その信念を支える10億ドルを持っていたために、その仮説をテストできたことである。フォードの失敗は個性や気質によるものではなく、その第1の最も重要なものは、マネジャーとマネジメントを必要なものとして、また「ボス」からの「委譲」ではなく、課題と機能の基礎として受け入れることを拒絶したことである。

アクションポイント: あなたは全ての従業員を補助者として扱うオーナー経営者か?補助者として扱われる従業員か?従業員が責任を引き受ける場合に、あなたの組織がより収益的になる3つの方法を挙げる。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 四半期報告書に虚偽記載がされている上場株式を取引所市場で取得した投資者の請求につき、当該虚偽記載と相当因果関係のある損害として、金融商品取引法21条の2第2項の規定により損害額を算定した事例 | トップページ | 刑訴法278条の2第3項に規定する過料の制裁と憲法31条、37条3項(違反せず) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ミスマネジメントについての管理された実験」 (毎日ドラッカー、1月28日):

« 四半期報告書に虚偽記載がされている上場株式を取引所市場で取得した投資者の請求につき、当該虚偽記載と相当因果関係のある損害として、金融商品取引法21条の2第2項の規定により損害額を算定した事例 | トップページ | 刑訴法278条の2第3項に規定する過料の制裁と憲法31条、37条3項(違反せず) »