« 別件で刑事施設に収容されている再審請求人の届出住居に宛てて行った同人に対する再審請求棄却決定謄本の付郵便送達が有効とされた事例 | トップページ | 接続機能をもったスマート製品(ポーター)(日経新聞12月29日頃?) »

2016年1月 1日 (金)

「未来を突き止める」(毎日ドラッカー、1月2日)

●重要なのは「既に生じている未来」を突き止めることである。

未来予想者は常に、彼らの予想のどれだけが実現したかについて、打率を測る。彼らが予想しなくて実現した重要な出来事を数えない。予想する全てが起きるかもしれない。しかし、彼は最も意味ある新たな現実を見ず、さらに悪いことには、それらに注意を払わなかったかもしれない。重要性と特殊性は価値、知覚及び目的における変化の結果であるから、予想における見当違いを避けることはできない。

しかし、エグゼクティブの最も重要な仕事は、既に生じた変化を突き止めることである。社会、経済、政治における重要な挑戦は、既に起こった変化を開発し、好機として利用することである。重要なのは「既に生じている未来」を突き止め、これらの変化を認識し分析する方法を開発することである。この方法の多くは私の1985年の本である「イノベーションと企業家」に書かれており、それはいかに体系的に社会、人口統計、意味、科学技術における変化を未来を創る機会と見るかを示す。

アクションポイント:既に現れている、あなたの市場の主要なトレンドを突き止める。それらの寿命とあなたの生活と組織へのインパクトを書く。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 別件で刑事施設に収容されている再審請求人の届出住居に宛てて行った同人に対する再審請求棄却決定謄本の付郵便送達が有効とされた事例 | トップページ | 接続機能をもったスマート製品(ポーター)(日経新聞12月29日頃?) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「未来を突き止める」(毎日ドラッカー、1月2日):

« 別件で刑事施設に収容されている再審請求人の届出住居に宛てて行った同人に対する再審請求棄却決定謄本の付郵便送達が有効とされた事例 | トップページ | 接続機能をもったスマート製品(ポーター)(日経新聞12月29日頃?) »