« 賃貸管理等を行う不動産業者の従業員が在職中競業会社を設立し、従来の顧客を奪ったことにつき不法行為が肯定され、管理委託費用相当額の逸失利益の損害が認められた事例 | トップページ | 集合債権譲渡担保契約が破産法162条1項1号の否認の対象にならないとされた事例等 »

2016年1月24日 (日)

「自分を作り変える」(毎日ドラッカー、1月25日)

●知識人はその自らの成長と地位に責任を持たなくてはならない。

今日の社会と組織において、人々はますますスキルではなく知識をもって働く。スキルと知識は、基本的特性において異なる。スキルは非常にゆっくりと変わるが、知識は自らを変える。それは自身を急速に陳腐化する。知識動労者は3年か4年おきに学校に戻らないと、すたれてしまう。

これは人が早い時期に獲得した学び、知識、スキル、経験が我々の現在の人生と仕事にとって十分でないことを意味するだけではない。人々は長いスパンで変わる。彼らは異なるニーズ、能力、見通しをもつ別の人となり、従って、「自らを作り変える」必要がある。私は、意図的に「活性化」より強い言葉を使う。50年仕事をする場合(これはますます普通となる)、あなたは自分を作り変えなくてはならない。あなたは、新たなエネルギーの供給ではなく、自身から別のものを作らなくてはならない。

アクションポイント:先輩に「自分自身の植替え」について何をしたかを尋ねる。今日どのような手順をとるべきか?

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 賃貸管理等を行う不動産業者の従業員が在職中競業会社を設立し、従来の顧客を奪ったことにつき不法行為が肯定され、管理委託費用相当額の逸失利益の損害が認められた事例 | トップページ | 集合債権譲渡担保契約が破産法162条1項1号の否認の対象にならないとされた事例等 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自分を作り変える」(毎日ドラッカー、1月25日):

« 賃貸管理等を行う不動産業者の従業員が在職中競業会社を設立し、従来の顧客を奪ったことにつき不法行為が肯定され、管理委託費用相当額の逸失利益の損害が認められた事例 | トップページ | 集合債権譲渡担保契約が破産法162条1項1号の否認の対象にならないとされた事例等 »