« 弁護士の依頼者に対する遺留分減殺請求権行使の助言・確認義務違反、消滅時効の可能性の助言・説明義務違反、仮処分の担保の説明義務違反による債務不履行責任が認められた事例 | トップページ | 東京弁護士会のヘイトスピーチの「集会を拒否できる」パンフへの違和感 »

2016年1月11日 (月)

「実践が先に来る」(毎日ドラッカー、1月12日)

●意思決定者はその現在の意思決定に「既に生じた未来」を組み込む必要がある。

政府であれ、大学であれ、事業であれ、労働組合であれ、教会であれ、意思決定者はその現在の意思決定に既に生じた未来を組み込む必要がある。このため、彼らは、今日の想定に組み込まれておらず、それによって新たな現実が作られる、いかなる出来事が既に起こったかを知る必要がある。

知識人と学者はアイデアが先にあり、それが新たな政治的、社会的、経済的、心理学的現実に導くと信じる傾向がある。これは起きるが、例外である。原則として、理論は実践に先行しない。その役割は、既に試された実践を構造化し体系化することである。その役割は孤立した「非定型」のものを、例外から「原則」と「システム」に転換することであり、学ぶことができ、教えることができ、とりわけ、一般的に適用できるものに転換することである。

アクションポイント:あなたの判断は時代遅れの前提に依拠しているか?今日存在する市場で勝つために、新たな知的枠組みを必要とするか?

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 弁護士の依頼者に対する遺留分減殺請求権行使の助言・確認義務違反、消滅時効の可能性の助言・説明義務違反、仮処分の担保の説明義務違反による債務不履行責任が認められた事例 | トップページ | 東京弁護士会のヘイトスピーチの「集会を拒否できる」パンフへの違和感 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「実践が先に来る」(毎日ドラッカー、1月12日):

« 弁護士の依頼者に対する遺留分減殺請求権行使の助言・確認義務違反、消滅時効の可能性の助言・説明義務違反、仮処分の担保の説明義務違反による債務不履行責任が認められた事例 | トップページ | 東京弁護士会のヘイトスピーチの「集会を拒否できる」パンフへの違和感 »