« 東日本大震災での原子力発電所の放射性物質放出の復旧作業に従事し死亡したことにつき、遺族の電力会社及び復旧債業を請負った会社に対する安全配慮義務違反による共同不法行為又は債務不履行に基づく損害賠償請求が棄却された事例 | トップページ | 「廃棄の実践」(毎日ドラッカー、1月6日) »

2016年1月 4日 (月)

「廃棄」(毎日ドラッカー、1月5日)

●残骸に悪臭が生じないよう努力することほど、困難で、金がかかり、無駄なことはない。

有能なエグゼクティブは多くの物事を効率的に行わなくてはならないことを知る。そして、彼らは集中する。エグゼクティブの努力の集中のための第1のルールは、生産的でなくなった過去を捨てることである。一流のリソース、特に希少な人の力には、即座に手を引かせ、明日への機会に従事させる。リーダーが昨日を捨てることができなければ、明日を創ることもできない。

体系的で意図的な廃棄がなければ、組織は出来事に乗っ取られる。最高のリソースを行うべきでないことに浪費する。その結果、起こる機会を開拓するのに必要なリソース、特に有能な人々を欠く。ほとんどの事業は昨日を捨てようとせず、その結果、明日のために使えるリソースをを持たない。

アクションポイント:陳腐な事業にリソースを浪費することを止め、有能な人材を新たな機会を利用するのに充てる。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 東日本大震災での原子力発電所の放射性物質放出の復旧作業に従事し死亡したことにつき、遺族の電力会社及び復旧債業を請負った会社に対する安全配慮義務違反による共同不法行為又は債務不履行に基づく損害賠償請求が棄却された事例 | トップページ | 「廃棄の実践」(毎日ドラッカー、1月6日) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「廃棄」(毎日ドラッカー、1月5日):

« 東日本大震災での原子力発電所の放射性物質放出の復旧作業に従事し死亡したことにつき、遺族の電力会社及び復旧債業を請負った会社に対する安全配慮義務違反による共同不法行為又は債務不履行に基づく損害賠償請求が棄却された事例 | トップページ | 「廃棄の実践」(毎日ドラッカー、1月6日) »