« 「家族経営事業のルール」(毎日ドラッカー、12月29日) | トップページ | プロダクト・バイ・プロセス・クレームについての最高裁の判断 »

2015年12月29日 (火)

「最大の機会のためのイノベーション」(毎日ドラッカー、12月30日)

●既に可能なものを有効にするために欠けているものは何か?

イノベーターの特性は、他人には関連性がなく、別個の要素であるものを、システムとして描く能力である。既存の要素を転用する最小の欠落部分を見つけ提供することは成功する試みである。イノベーションが最大の機会を創造する分野を見つけるため、「既に可能であるものを有効にするには何がが欠けているか?どのような1つの小さなステップが我々の経済的結果を変容させるか?どのような小さな変化がリソースの全体的な容量を変えるか?」と尋ねる。

必要を描くことはそれを満たさないが、それは好ましい結果のスペックを提供する。それらが得られそうかどうかは判断できる。イノベーションは事業のポテンシャルの発見と未来の創造に適用できる。

アクションポイント:上記の3つの質問をする。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「家族経営事業のルール」(毎日ドラッカー、12月29日) | トップページ | プロダクト・バイ・プロセス・クレームについての最高裁の判断 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「最大の機会のためのイノベーション」(毎日ドラッカー、12月30日):

« 「家族経営事業のルール」(毎日ドラッカー、12月29日) | トップページ | プロダクト・バイ・プロセス・クレームについての最高裁の判断 »