« 夫の不貞行為当時、未だ婚姻関係が破たんしていなかったとして、妻から夫の不貞の相手方女性に対する慰謝料請求が一部認容された事例 | トップページ | 風力発電による騒音被害が受忍限度内であるとして、これに基づく運転差止請求及び慰謝料請求が否定された事例 »

2015年12月27日 (日)

「家族経営の事業」 (毎日ドラッカー、12月28日)

●事業の多数は家族が支配し経営するものである。

米国その他の先進国を含むどこでも、事業の多数は、家族が支配し経営するものである。家族経営は、決して、小規模・中規模の会社に限らない。家族はいくつかの世界最大の企業を運営する。デュポンは、(1802年の創業以来、1970年代中頃に職業的なマネジメントに引き継がれるまでの)170年間、家族のメンバーにより支配・経営され、世界最大の化学会社へと成長した。そして、無名なコイン業者が息子を送り出してヨーロッパ資本の銀行を設立させた2世紀後、ロスチャイルドの名前を冠し、ロスチャイルドによって運営される金融会社はなお、世界の第一等の民間銀行である。

しかし、経営書と経営コースはほとんどが公に所有され職業的に経営される会社を扱い、家族経営事業を扱わない。もちろん、全ての機能的作業・・リサーチ、マーケティング又は会計・・については、職業的に経営される事業と家族で経営される事業に変わりはない。しかし、マネジメントについて、家族事業は独自の異なるルールを要求する。これらのルールは、厳格に守られなくてはならない。さもないと、家族経営は、繁栄はもちろん、生き残らないであろう。

アクションポイント:家族所有の会社の30%未満しか次の第2世代に生き残らず、3世代まで続くのは10%、4世代まで続くのは4%である。何故家族事業は世代から世代への移行が難しいのかを考える。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 夫の不貞行為当時、未だ婚姻関係が破たんしていなかったとして、妻から夫の不貞の相手方女性に対する慰謝料請求が一部認容された事例 | トップページ | 風力発電による騒音被害が受忍限度内であるとして、これに基づく運転差止請求及び慰謝料請求が否定された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「家族経営の事業」 (毎日ドラッカー、12月28日):

« 夫の不貞行為当時、未だ婚姻関係が破たんしていなかったとして、妻から夫の不貞の相手方女性に対する慰謝料請求が一部認容された事例 | トップページ | 風力発電による騒音被害が受忍限度内であるとして、これに基づく運転差止請求及び慰謝料請求が否定された事例 »