« 福島第一原子力発電所事故による緊急時避難準備区域内の住民が被った精神的苦痛の慰謝料額につき、原子力損害賠償紛争審査会の策定に係る中間指針等に沿った慰謝料額を超えないとした事例 | トップページ | 公社の運営する介護付有料老人ホームの入居利用契約は、賃貸借契約及び準委任契約の性質を併せ持つ複合的な一個の無名契約であり、公社は、入居契約者又はその相続人や受遺者に対し、民法645条及び656条に基づき報告義務を負うとされた事例 »

2015年12月 8日 (火)

「競争力のためのベンチマーキング」(毎日ドラッカー、12月9日)

●ベンチマーキングは、少なくともリーダーと同レベルであることが、競争的であることの必要条件であると、想定する。

EVA(economic value added analysis)はグローバル市場での企業の競争力を評価するのによいスタートであるが、我々は、それにベンチマーキングを加えなくてはならない。ベンチマーキングは、企業が、世界的に競争的かどうかを示す道具である。ベンチマーキングは、会社が、他の会社が常に行うことができるものを同様に行うことを想定する。「ベストパフォーマー」は、組織内、競争相手内、または、産業外の組織内の同じサービスや機能に見つけられる。EVAとベンチマーキングは、要因全体の生産性を測り管理するための、診断的道具を提供する。エグゼクティブが企業内で進行するものを測り管理するために理解すべき道具である。併用されることにより、これまでに利用できる最高の基準である。

アクションポイント:類似の組織から(産業外からでも)製品、サービス又はプロセスのデータを集めることで、ベンチマーキング研究を始める。最高のパフォーマーと競争できるようにするため、パフォーマンス基準を設定する。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 福島第一原子力発電所事故による緊急時避難準備区域内の住民が被った精神的苦痛の慰謝料額につき、原子力損害賠償紛争審査会の策定に係る中間指針等に沿った慰謝料額を超えないとした事例 | トップページ | 公社の運営する介護付有料老人ホームの入居利用契約は、賃貸借契約及び準委任契約の性質を併せ持つ複合的な一個の無名契約であり、公社は、入居契約者又はその相続人や受遺者に対し、民法645条及び656条に基づき報告義務を負うとされた事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「競争力のためのベンチマーキング」(毎日ドラッカー、12月9日):

« 福島第一原子力発電所事故による緊急時避難準備区域内の住民が被った精神的苦痛の慰謝料額につき、原子力損害賠償紛争審査会の策定に係る中間指針等に沿った慰謝料額を超えないとした事例 | トップページ | 公社の運営する介護付有料老人ホームの入居利用契約は、賃貸借契約及び準委任契約の性質を併せ持つ複合的な一個の無名契約であり、公社は、入居契約者又はその相続人や受遺者に対し、民法645条及び656条に基づき報告義務を負うとされた事例 »