« 「社会生態学者の仕事」(毎日ドラッカー、12月1日) | トップページ | 「新たな企業家」(毎日ドラッカー、12月3日) »

2015年12月 1日 (火)

「激動の時期」(毎日ドラッカー、12月2日)

●激動の時期、マネジメントの第1の仕事は暴風を生き残る組織の能力を確かなものにすることである。

激動の時期、マネジメントの第1の仕事は、組織の生き残る能力を確かなものにし、組織的強さ、暴風を生き残る能力、突然の変化への適応を確かなものにし、新たな機会を利用することである。激動は、定義において、異常で、非線形で、不規則なものである。しかし、その下にある原因は分析でき、予想でき、管理できる。

マネジメントがマネジメントすべきこと(できること)は、激動の基礎にある単一の最も重要な新たな現実である、人口構造と人口力学における激変と、特に西の先進国と日本における人口構造と人口力学のシフトである。これらのシフトは既に、世界中で、経済統合の様式を変えている。それらは、生産協力と市場コントロールに基づく、新たな「国境を超えた連合」に導き、多くの分野で、財務コントロールに基づく古い「多国籍企業」にとってかわる。それらは、新たな消費者市場を創造し、既存の古い消費者市場を再編する。それらは、抜本的に労働力を変化させ、異なる期待と特徴をもった「労働力」があるだけである。それらは、「一定の退職年齢」の概念を捨てることを強いる。そして、マネジメントに対し、余剰人員についての組織化された計画を立てる新たな要請を(新たな機会とともに)創造する。

アクションポイント:企業に影響する激動の基礎にある原因を定義する。組織を守り、激動の中を生き残らせるために、今いかなる行動をとるべきか?

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「社会生態学者の仕事」(毎日ドラッカー、12月1日) | トップページ | 「新たな企業家」(毎日ドラッカー、12月3日) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「激動の時期」(毎日ドラッカー、12月2日):

« 「社会生態学者の仕事」(毎日ドラッカー、12月1日) | トップページ | 「新たな企業家」(毎日ドラッカー、12月3日) »