« 「事業は財務戦略ではない」(毎日ドラッカー、12月12日) | トップページ | 「統一的な共通の核」(毎日ドラッカー、12月14日) »

2015年12月12日 (土)

「買収者が貢献するもの」(毎日ドラッカー、12月13日)

●成功する買収は買収会社の買収への貢献に基づく。

買収は、期待される「シナジー(相乗効果)」が、いかに魅力的に見えようとも、買収会社が、対象会社が買収者に貢献できるものではなく、それ(買収会社)が購入する事業に貢献できるものをよく考える場合にのみ、成功する。買収会社が貢献するものは異なり得る。それは、マネジメント、技術、あるいは流通での強みかもしれない。貢献は金以外の何かである必要がある。金はそれ自体では、十分ではない。

Travelers による Citibank の買収は、買収会社である Travelers が、いかに Citibank に(差別化につながる)貢献できるものをよく考え、計画したために、成功した。Citibank は世界中の国に拠点を置き、同時に国境を超えたマネジメントを築いた。しかし、製品とサービスにおいて、Citibank は伝統的な銀行であり、その分配的・マネジメント方法は商業銀行が生み出し提供する製品とサービスを超えた。そして、Travelears には、多くの製品やサービスがあった。自社がが貢献することができるものは、Citibank の世界的な分配システムとマネジメントが販売できる、商売の量を、(ほとんど)追加コストなしで、大幅に増やすことであった。

アクションポイント:買収前に、シナジーではなく、貢献に焦点を置く。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 「事業は財務戦略ではない」(毎日ドラッカー、12月12日) | トップページ | 「統一的な共通の核」(毎日ドラッカー、12月14日) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「買収者が貢献するもの」(毎日ドラッカー、12月13日):

« 「事業は財務戦略ではない」(毎日ドラッカー、12月12日) | トップページ | 「統一的な共通の核」(毎日ドラッカー、12月14日) »