« 特別老人ホームに入所していた老人が肺血栓塞栓症により死亡した場合において、同ホームの配置医に過失があったとして医師の不法行為責任が認められた事例 | トップページ | 医がん検診において硫酸バリウム製剤を服用したことにより、大腸穿孔等を発症し、その後死亡したことについて、問診を担当した看護師の説明義務違反、問診義務違反等が否定された事例 »

2015年12月 6日 (日)

「経済連鎖原価計算(Economic-Chain Costing)への障害」(毎日ドラッカー、12月7日)

●経済連鎖原価計算への変更は連鎖全体に沿った統一的な会計システムを必要とする。

実際のコストはプロセス全体のコストであり、そこでは最大の企業も1つのリンクである。会社は、よって、原価計算を、自らの組織内に生じるもののみから、経済プロセス(経済連鎖)全体の原価計算にシフトし始めている。経済連鎖原価計算の導入には障害がある。多くの事業にとって、経済連鎖原価計算への変更は痛みを伴う。それは、連鎖全体の全ての事業について、統一的な、少なくとも矛盾のない会計システムを必要とする。しかし、それぞれが、独自の方法で会計を行い、そのシステムが唯一の可能なものだと思っている。さらに、経済連鎖原価計算は会社を超えての情報共有を必要とする。しかし、同じ会社の中でさえ、人々は情報共有に抵抗しがちである。いかなる障害があろうと、経済連鎖原価計算が行われるべきである。さもないと、最も効率的な会社でも、コストでの不利益を被る。

アクションポイント:経済連載原価計算の導入への障害を突き止め、それを乗り越え、経済連鎖原価計算を組織に導入する。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 特別老人ホームに入所していた老人が肺血栓塞栓症により死亡した場合において、同ホームの配置医に過失があったとして医師の不法行為責任が認められた事例 | トップページ | 医がん検診において硫酸バリウム製剤を服用したことにより、大腸穿孔等を発症し、その後死亡したことについて、問診を担当した看護師の説明義務違反、問診義務違反等が否定された事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「経済連鎖原価計算(Economic-Chain Costing)への障害」(毎日ドラッカー、12月7日):

« 特別老人ホームに入所していた老人が肺血栓塞栓症により死亡した場合において、同ホームの配置医に過失があったとして医師の不法行為責任が認められた事例 | トップページ | 医がん検診において硫酸バリウム製剤を服用したことにより、大腸穿孔等を発症し、その後死亡したことについて、問診を担当した看護師の説明義務違反、問診義務違反等が否定された事例 »