« マンションの管理会社の従業員等が会社を設立し、取引先である管理組合に契約の解約を慫慂した行為につき、従業員等、新会社の共同不法行為が認められた事例 | トップページ | 「失敗した戦略」(毎日ドラッカー、11月7日) »

2015年11月 5日 (木)

「勝利する戦略」 (毎日ドラッカー、11月6日)

●「人は奇跡のために祈るが結果のために働く」と聖アウグスティヌスは言った。

「良い意図は山を動かさないがブルドーザーは(山を)動かす」という古い言葉がある。非営利組織のマネジメントにおいて、ミッションと計画は、それが全てであれば、良い意図である。戦略はブルドーザーである。それは、あなたがやりたいことを達成に転換する。それらは特に、非営利組織において大事である。戦略はあなたを結果のために働くよう導く。それらは、あなたに、結果を得るために、あなたが持つ必要があるリソースと人を伝える。 

私はかつて「戦略」という言葉に反対した。私はそれが軍の言葉でありすぎると思った。しかし、私は少しずつ変わった。それは、多くの事業と非営利組織において、計画が知的な活動であるからである。それをきれいに装丁して棚に置き、そのままにしておく。全員が高潔であると感じ、我々は計画を作る。しかし、それが実際の仕事になるまで、あなたは何もしていない。他方で、戦略は、行動にフォーカスされたものである。そこで、私は、戦略があなたが希望するものではないことが明らかであることから、しぶしぶその言葉を受け入れた。戦略はあなたがそのために行動すべきものである。

アクションポイント:戦略を実施する。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« マンションの管理会社の従業員等が会社を設立し、取引先である管理組合に契約の解約を慫慂した行為につき、従業員等、新会社の共同不法行為が認められた事例 | トップページ | 「失敗した戦略」(毎日ドラッカー、11月7日) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「勝利する戦略」 (毎日ドラッカー、11月6日):

« マンションの管理会社の従業員等が会社を設立し、取引先である管理組合に契約の解約を慫慂した行為につき、従業員等、新会社の共同不法行為が認められた事例 | トップページ | 「失敗した戦略」(毎日ドラッカー、11月7日) »