« 「事業売却」(毎日ドラッカー、11月11日) | トップページ | 「目標とセルフコントロールによるマネジメント」(毎日ドラッカー、11月13日) »

2015年11月11日 (水)

「マネジャーの仕事」(毎日ドラッカー、11月12日)

●マネジャーは、これらの構成的な活動のパフォーマンスを改善することにより、そのパフォーマンスを改善することができる。

マネジャーの仕事には5つの基本的オペレーションがある。

マネジャーは、第1に、目標を設定する。目標が何であるべきかを決める。目標の各分野におけるゴールが何であるべきかを決める。これらの目標のそれぞれが達成されるためには何がなされるべきかを決める。彼らは、それらの達成のためにパフォーマンスが必要とされる人々にそれらを伝えることで目標を効率的にする。

第2に、マネジャーは組織化する。活動、決断及び必要な関係を分析する。仕事を分類する。それを管理できる活動に分け、さらにその活動を管理できる仕事に分ける。これらのユニットと仕事を組織構造にまとめる。これらのユニットの管理と仕事の実行のための人々を選ぶ。

次に、マネジャーは、動機づけし、コミュニケートする。多様な仕事に責任をもつ人々からなるチームを作る。

マネジャーの仕事における第4の基本的要素は評価である。マネジャーは判断基準を制定し、いくつかの要素は、組織とその中の全ての人々のパフォーマンスにとって重要である。

最後に、マネジャーは、自分たちを含む、人々を開発する。

アクションポイント:目標を設定し、組織化し、動機づけし、コミュニケートし、評価し、自分を含む人々を開発することにより、管理する。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「事業売却」(毎日ドラッカー、11月11日) | トップページ | 「目標とセルフコントロールによるマネジメント」(毎日ドラッカー、11月13日) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マネジャーの仕事」(毎日ドラッカー、11月12日):

« 「事業売却」(毎日ドラッカー、11月11日) | トップページ | 「目標とセルフコントロールによるマネジメント」(毎日ドラッカー、11月13日) »