« 「マネジメントレター」(毎日ドラッカー、11月15日) | トップページ | 「定量化の限界」(毎日ドラッカー、11月17日) »

2015年11月15日 (日)

「正しい組織」(毎日ドラッカー、11月16日)

●組織において自己発展するのは、無秩序、軋轢及び実行不全だけである。

1世紀前のマネジメントの先駆者は正しかった:組織構造は必要である。現代の会社は組織を必要とする。しかし、先駆者の1つの正しい組織がある(べきである)という想定は誤りである。マネジメントは、正しい組織を探す代わりに、課題にフィットする組織を探し、開発し、テストすることを学ぶ必要がある。

組織についてのいくつかの「原則」がある。1つは、組織は透明でなくてはならない。人々は、仕事をする組織構造を知り理解する必要がある。組織の誰かが各分野で最終判断をする権限を持たなくてはならない。権限は責任に比例するということはまた、健全な原則である。組織の誰もが1人だけの「マスター」をもつべきであることも健全な原則である。これらの原則は建築家の仕事に妥当するものと違わない。それらは、何が制限かを伝える。そして、それは組織構造の多様な原則がすることである。

アクションポイント:組織は透明か、決断権限は明確か、権威は責任と比例するか、各人が1人だけマスターを持つかを考える。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「マネジメントレター」(毎日ドラッカー、11月15日) | トップページ | 「定量化の限界」(毎日ドラッカー、11月17日) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「正しい組織」(毎日ドラッカー、11月16日):

« 「マネジメントレター」(毎日ドラッカー、11月15日) | トップページ | 「定量化の限界」(毎日ドラッカー、11月17日) »