« 特定の株主の提案に係る大規模買付行為に反対する株主総会決議の無効確認の利益が否定された事例 | トップページ | いわゆる標準的算定方式により試算された婚姻費用を、子の私立学校における学費等を考慮して修正した事例 »

2015年11月 2日 (月)

「インテリジェンス(情報)を集め使用する」 (毎日ドラッカー、11月3日)

●情報は事業の理論についての会社の想定をテストするために統合されなくてはならない。

会社の戦略をテストするため、情報は統合されなくてはならない。それは、会社の事業の理論についての想定をテストしなくてはならない。これは、その環境(社会と構造、市場、顧客及び技術)についての会社の想定のテストを含む。そして環境についての情報は、主要な脅威と機会が生じそうな場面では、ますます切迫したものとなる。そして、会社の特定のミッションについての想定がある。第3に、そのミッションの達成のために必要とされる組織のコアコンピテンスについての想定がある。ソフトウェアは、病院、大学、損害保険会社のような特定のグループに合った情報を提供するようデザインされ得る。

会社は、顧客や非顧客についての情報のような、必要とする情報を作ることができる。しかし、大企業でさえ、必要な情報を得て統合するのに、外部の専門家の助けを必要とする。ソースは多様でありすぎる。企業が環境について知る必要があるもののほとんどは、外部のソース(あらゆる種類のデータバンクとデータサービス、多くの言語での新聞、同業組合、政府の刊行物、世界銀行レポート、科学論文、専門的な研究等)からのみ利用可能である。

アクションポイント:あなたの会社の戦略と想定をテストするのに必要な情報を持つか?

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 特定の株主の提案に係る大規模買付行為に反対する株主総会決議の無効確認の利益が否定された事例 | トップページ | いわゆる標準的算定方式により試算された婚姻費用を、子の私立学校における学費等を考慮して修正した事例 »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「インテリジェンス(情報)を集め使用する」 (毎日ドラッカー、11月3日):

« 特定の株主の提案に係る大規模買付行為に反対する株主総会決議の無効確認の利益が否定された事例 | トップページ | いわゆる標準的算定方式により試算された婚姻費用を、子の私立学校における学費等を考慮して修正した事例 »