« 「権限の留保」(毎日ドラッカー、11月23日) | トップページ | 「組織のブロックを作る」(毎日ドラッカー、11月25日) »

2015年11月23日 (月)

「仮想分権化」(毎日ドラッカー、11月24日)

●主なルールは、仮想分権化を最後の手段としてのみ考える。

ユニットが事業として組み立てられ得る時はいつでも、デザイン原則は連邦制の分権化と整合し得ない。我々は、しかしながら、多くの巨大企業は純粋な事業に分割され得ないことを学んだ。しかし、それらは明らかに、機能的にあるいはチーム構造として、大きさと複雑さの限界を超えて成長した。より多くの会社がその組織的問題への答えとして「仮想分権化」に転換する。仮想分権化は事業ではないが、最大の可能な自治、自身のマネジメント及び仮想の損益責任をもつ、(事業でないが)あたかも事業であるように組み立てられた構造的ユニットを作る。それらは、外の市場によるのではなく、内部的に決められた「譲渡価格」を使ってお互いに売買をする。それらの「利益」はそれらに対するコストの内部割当により計算され、しばしば、コストの20%といった「標準手数料」が加えられる。

アクションポイント:可能であれば、「小さな」プロフィットセンター(利益責任単位)を使うことで内部競争を作る。収入を各ユニットに帰属させ、収入とそのコストを組み合わせる。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 「権限の留保」(毎日ドラッカー、11月23日) | トップページ | 「組織のブロックを作る」(毎日ドラッカー、11月25日) »

ドラッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「仮想分権化」(毎日ドラッカー、11月24日):

« 「権限の留保」(毎日ドラッカー、11月23日) | トップページ | 「組織のブロックを作る」(毎日ドラッカー、11月25日) »