« 後になされた薬事法の承認を理由としてされた特許権の存続期間延長登録の出願につき、特許法67条の3第1項1号の定める拒絶事由に該当すると判断されるための要件 | トップページ | ヘイトスピーチに対する損害賠償・差止請求(肯定) »

2014年11月17日 (月)

交渉のポイント

(敵対する)訴訟をやっていると交渉のポイントを忘れがちになるので、再確認。

●1.「人」と「問題」を切り離す

「(感情を持つ)人」の問題を解決する必要。

「敵意」ではなく「信頼関係」にする。

そのためには、相手の考えを理解する必要(←争いは「事実」ではなく「頭の中」にある)。

相手の考えを「理解」することは、「同意」することとは違う。

人は、不平を詳しく話すという単純なプロセスを通じて、精神的に解放される
(こちらが)聞いていることを相手に知らせる。

相手を「問題を解決するパートナー」にする。
①正確な認識、②明快なコミュニケーション、③制御された感情、④前向きの目的的態度に基づいた関係に転換する。

●2.「立場」でなく「利益」に集中する

問題は「立場」ではなく、その背後にある「利益」。
「利益」は隠れている⇒それを認識する必要。

利益は単一ではなく、多くの利益が存在する。
「対立する利益」「共通する利益」がある。

「相手の利益」も解決すべき問題である。

問題に対応するのと同じ強さで、相手を積極的に支持する。
内面の心的葛藤は、矛盾を嫌い、葛藤を減少させる行動をする。

●3.「相互のために利益となる」選択肢を作り出す

パイを広げる。
オプションを造りだす。

「判断」は「創造力」の障害となる⇒「選択肢の創造」「判断」を分ける。

多くの異なるアイデアから選択する。

様々な視点から物事を見る。
レベルが異なる選択肢(「実体」と「手続」、「最終」と「暫定」)を考える。
「合意の範囲」を変えることもある。

具体と抽象を行き来する。
①「具体的」問題⇒②「抽象的」診断⇒③「抽象的」処方⇒④「具体的」提案

「共通利益」に着目⇒共通のゴールの追及
「異なる利益」を結びつける⇒双方の希望が異なる場合、双方が満足する合意が可能。

「信念」の相違
「時間に対する価値」の相違
「見通し」の相違
「リスクについての認識」の相違

~双方が満足する合意につながる。

相手の決断を容易にすることが大切。

●4.客観的基準に執着する(合理的理由がない限り屈しない)

「原理」「合理性」に基づく解決。

問題関係のための客観的基準を議論。

複数の基準があり得る。
当事者の意思から独立で、正当で、実用的である必要。

「適用の相互性」の視点。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 後になされた薬事法の承認を理由としてされた特許権の存続期間延長登録の出願につき、特許法67条の3第1項1号の定める拒絶事由に該当すると判断されるための要件 | トップページ | ヘイトスピーチに対する損害賠償・差止請求(肯定) »

ハーバード」カテゴリの記事

一般」カテゴリの記事

交渉方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132655/60669681

この記事へのトラックバック一覧です: 交渉のポイント:

« 後になされた薬事法の承認を理由としてされた特許権の存続期間延長登録の出願につき、特許法67条の3第1項1号の定める拒絶事由に該当すると判断されるための要件 | トップページ | ヘイトスピーチに対する損害賠償・差止請求(肯定) »