« 喫煙禁止地区内での路上喫煙に対する過料を科すためには、違反者に少なくとも過失が必要(過失は肯定) | トップページ | 社外取締役を「複数に」って誰のため? »

2014年11月21日 (金)

競争力の源泉

競争力の源泉は「違い」にある。
「(価値ある)差別化」ができるかどうか。

そこに至る道は複数ある。

ジョブズは性格は悪かった。
大学をでていない事業家もいくらでもいる。

そこに至るための具体的な必要条件があるわけではない。

言えるのは、同じ状況にある無数の人の中で、差別化(=他人と違うこと)の方法を「生み出し」、それを実行できること。

そういう意味で(抽象的には)「創造性」と「実行力」が必要となる。

その「創造力」や「実行力」は、苦しみぬく中から生まれる場合も多い。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« 喫煙禁止地区内での路上喫煙に対する過料を科すためには、違反者に少なくとも過失が必要(過失は肯定) | トップページ | 社外取締役を「複数に」って誰のため? »

一般」カテゴリの記事

競争戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132655/60690718

この記事へのトラックバック一覧です: 競争力の源泉:

« 喫煙禁止地区内での路上喫煙に対する過料を科すためには、違反者に少なくとも過失が必要(過失は肯定) | トップページ | 社外取締役を「複数に」って誰のため? »