« イノベーション ドラッカー(46)  | トップページ | マネジメントのパラダイムが変わった ドラッカー(48・完) »

2013年8月18日 (日)

マネジメントの正統性 ドラッカー(47)

●2つの発展
① 組織社会(社会の主な課題はすべて組織によって遂行。)
② 知識社会(自らの知識を仕事に適用することによって生計をたてる。)
マネジメントは、この2つの発展の原因であり結果。

●テクノクラシーの限界
マネジメントの役割
組織本来の使命を果たすべくマネジメントすること。
② 生産的な仕事を通じて人に成果をあげさせること。
社会と個人に生活の質を提供すること。
②③の役割は、テクノクラシーをはるかに超える課題。

よいことを行うための基礎は、よく行うこと。

●結論
企業の役割:
社会のニーズを企業の事業場の機会に転換すること。
市場の個人のニーズ、すなわち消費者と従業員のニーズについて、予期し、識別し、満足させることは、マネジメントの役割。

マネジメントの正当性の根拠は1つしかない:
人の強みを生産的なものにすること
~組織の目的⇒マネジメントの権限の基盤となる正当性。

組織の基礎となる原理は、「個人の強みは社会のためになる」
これが、マネジメントの正当性の根拠であり、マネジメントの権限の基盤となりうる理念的原理。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« イノベーション ドラッカー(46)  | トップページ | マネジメントのパラダイムが変わった ドラッカー(48・完) »

ドラッカー」カテゴリの記事

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マネジメントの正統性 ドラッカー(47):

« イノベーション ドラッカー(46)  | トップページ | マネジメントのパラダイムが変わった ドラッカー(48・完) »