« 多角化のマネジメント ドラッカー(43) | トップページ | 成長のマネジメント ドラッカー(45)  »

2013年8月18日 (日)

グローバル化のマネジメント ドラッカー(44)

●経済と国家主権の分離
国境、文化、イデオロギーを超越するグローバル市場の出現グローバル企業の増加
国境は、必然性のない制約要因、阻害要因、複雑化要因でしかない。
× 国家が人間組織の自然単位。
× あらゆる組織が、国民国家の統治機関たる政府からその存在の法的基盤と合法性を得なければならない。

●グローバル企業と国家
政治と経済の衝突において、いつも負けるのは経済の方。
グローバル企業は、その意思決定が経済の合理性に基づいており、政治的な主権の意思から絶縁しているために問題とされる。

●国際的取り決め
緊張関係の解決には、国際的取り決めとグローバル企業の非政治化が必要。

途上国にとって、グローバル企業以上に大事なものはない。
資本、技術、余剰資源たる肉体労働力が生み出す製品のための技能(生産のための技能、マネジメントのための技能、事業のための技能)を移転

グローバル企業の重要性
・ グローバル経済という新しい現実を反映した存在
資源の最適化の最も有効な機関

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 多角化のマネジメント ドラッカー(43) | トップページ | 成長のマネジメント ドラッカー(45)  »

ドラッカー」カテゴリの記事

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グローバル化のマネジメント ドラッカー(44):

« 多角化のマネジメント ドラッカー(43) | トップページ | 成長のマネジメント ドラッカー(45)  »