« 5つの組織構造 ドラッカー(36) | トップページ | ドイツ銀行物語 ドラッカー(38) »

2013年8月17日 (土)

組織構造についての結論 ドラッカー(37)

組織構造は道具。道具自身によい悪いはなく、適切に使うか使わないかだけ。

単純でありながら現実に合った組織構造を手にするには
① 重要な成果を生むために必要な基本活動に焦点を合わせる。
② その後、その基本活動を可能な限り単純に組み立てる
③ 重要なのは、組織の目的を常に念頭に置くこと。

組織の健康を判定する基準は、構造の美しさ、明快さ、完全さではなく、成果である。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« 5つの組織構造 ドラッカー(36) | トップページ | ドイツ銀行物語 ドラッカー(38) »

ドラッカー」カテゴリの記事

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組織構造についての結論 ドラッカー(37):

« 5つの組織構造 ドラッカー(36) | トップページ | ドイツ銀行物語 ドラッカー(38) »