« マネジャーの仕事 ドラッカー(24) | トップページ | 自己管理による目標管理 ドラッカー(26)  »

2013年8月14日 (水)

マネジメント開発 ドラッカー(25)

●体系的に取り組む
未来を予測することは不可能
⇒明日のマネジメントを行う者を試し、選び、育てて、初めて今日の意思決定を責任あるものとすることができる。
マネジャーは育つべきもので、生まれつきのものではない。

●マネジメント開発にあらざるもの
① セミナーに参加することではない。
いかなる種類のセミナーよりも、実際の仕事、上司、組織内のプログラム、1人ひとりの自己啓発プログラムの方が大きな意味を持つ。

② 人事計画やエリート探しではない。
最悪は、エリートを育成すべく、他の者を放っておくこと。

10年後、仕事の8割は放っておかれた人が行い、彼等は軽んじられたことを覚えている。
選ばれたエリートの半分は、40代にもなれば、口がうまいだけだったことが明らかになる。

③ 人の性格を変え、改造するためのものではない。
成果をあげさせるためのもの。強みを存分に発揮させるためのもの。
自分のやり方によって存分に活動できるようにするためのもの

雇用関係は、特定の成果を要求する契約に過ぎない。それ以外のいかなる試みも人権の侵害。要求されるのは成果だけ

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

 

|

« マネジャーの仕事 ドラッカー(24) | トップページ | 自己管理による目標管理 ドラッカー(26)  »

ドラッカー」カテゴリの記事

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マネジメント開発 ドラッカー(25):

« マネジャーの仕事 ドラッカー(24) | トップページ | 自己管理による目標管理 ドラッカー(26)  »