« マネジメントの必要性 ドラッカー(22) | トップページ | マネジャーの仕事 ドラッカー(24) »

2013年8月13日 (火)

マネジャーとは何か ドラッカー(23)

★メモ
「組織の成果に責任を持つ者」が増加。
急増しているのは、専門家として組織に貢献している人たち。

マネジャーを見分ける基準:
貢献する責任

自らの知識と能力を全体の成果に結び付けることこそ、専門家にとっての最大の問題。
自らのアウトプットが他の者のインプットにならないかぎり、成果はあがらない。
⇒理解してもらってこそ初めて有効な存在となる。

マネジャー:
専門家が自らのアウトプットを他の人間の仕事と統合する上で頼りにすべき者
専門家のボスではなく、道具、ガイド、マーケティング・エージェント
専門家の仕事は、自らの属するマネジメントを導き、新しい機会、分野、基準を示すこと⇒マネジャーよりも高い地位に立つ。

真の専門家、つまり特定の分野については組織内でリーダーと見なされている専門家(ex.花形セールスマン)は、マネジャー(ex.地域担当販売部長)より多くの報酬を受け取り得る。

マネジャーであれ、専門家であれ、マネジメントの一員であり、彼らに対する要求に差はない。
マネジャーと専門家の違いは、その責任と活動ににおいて、マネジャーの方が1つだけ余分な側面を持っていることにある。
50人の部下を持つ市場調査担当マネジャーと、1人の部下も持たずに同じ仕事をする市場調査専門家との違いは、機能でも調査でもなく、手段にある。


●組織の成果に責任を持つ者
「組織の成果に責任を持つ者」が急増
今日組織においてもっとも急速に増えているのは、専門家として組織に貢献している人たち。
補佐や秘書はついていても、基本的に1人で仕事をしている。
しかも、組織の富を生み出す力や、事業の方向や、業績に重大な影響を与えている。

●新しい定義
マネジャーを見分ける基準:
× 命令する権限
○ 貢献する責任

●専門家の課題
自らの知識と能力を全体の成果に結び付けることこそ、専門家にとっての最大の問題。
自らのアウトプットが他の者のインプットにならないかぎり、成果はあがらない。
⇒理解してもらってこそ初めて有効な存在となる。

マネジャー:
専門家が自らのアウトプットを他の人間の仕事と統合する上で頼りにすべき者
専門家のボスではなく、道具、ガイド、マーケティング・エージェント

専門家の仕事は、自らの属するマネジメントを導き、新しい機会、分野、基準を示すこと⇒マネジャーよりも高い地位に立つ。

●専門家の機能と地位
× より高い地位と報酬を得るにはマネジャーになる必要があった。

機能(ex.コミュニケーション専門家)と地位(ex.少佐)は切り離さなければならない。

真の専門家、つまり特定の分野については組織内でリーダーと見なされている専門家(ex.花形セールスマン)は、マネジャー(ex.地域担当販売部長)より多くの報酬を受け取り得る。

マネジャーであれ、専門家であれ、マネジメントの一員であり、彼らに対する要求に差はない。
マネジャーと専門家の違いは、その責任と活動ににおいて、マネジャーの方が1つだけ余分な側面を持っていることにある。
50人の部下を持つ市場調査担当マネジャーと、1人の部下も持たずに同じ仕事をする市場調査専門家との違いは、機能でも調査でもなく、手段にある。

大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文)HP
 
真の再生のために(事業民事再生・個人再生・多重債務整理・自己破産)用HP(大阪のシンプラル法律事務所(弁護士川村真文))

|

« マネジメントの必要性 ドラッカー(22) | トップページ | マネジャーの仕事 ドラッカー(24) »

ドラッカー」カテゴリの記事

マネジメント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マネジャーとは何か ドラッカー(23):

« マネジメントの必要性 ドラッカー(22) | トップページ | マネジャーの仕事 ドラッカー(24) »